看護師って勉強が必要で、寝る時ないよ。

看護師の労働状況に応じた待遇

2015-10-10

看護師の仕事の中身は入院患者の治療だけでなく身辺のお世話まで、しています。そのため、医療機関の中で看護師くらい多忙なスタッフは存在しないでしょう。

ですから、そんな看護師の労働状況に応じた待遇にしてほしいです。看護師は挑戦しがいのある仕事だと多くの人がいいますどんな仕事でも直接に人と関係することが多いとはいえません。
しかし、看護師は他人と深く交わることができ、サポートできるという意味で取り組みがいがあると感じる方が少なくないのかもしれません。

看護師として働いている人は、数万人存在しますが、それと比べて、看護の、資格を保有していながらも、職に就いていない人が50万人以上存在すると考えられています。
全国で四万人の看護師が不足しているとされているため、それだけいる50万人の中の数%の人でも職業として働くことができれば、この問題は、多少なりとも解決できると思います。例年、大勢の人が看護roo!を利用して、転職の夢が叶っています。看護roo!は、厚生労働大臣認可を受けて営業を行っている会社で、JASDAQ上場企業でもありますから、サイトの掲載内容も頼りにできます。

看護師の転職先をしっかりと探せるでしょう。

看護師の場合でも転職がいくつかあると不利に働くのかというと、確実にそうであるとは限りません。自己PRのやり方次第では、意欲が高くて経験が豊富にあるというイメージを持ってもらうことも可能です。
けれども、働いている年数があまりにも短い場合は、採用したとしても少ししたらまたやめてしまうのではないかと思われることもありえるでしょう。日々、病院に伺うと次々と患者の方がくるので、お医者さんや看護師の方は常に忙しそうにしています。
チャチャっとしていたり、大きい声で名前を言ったり、患者やその家族の方に説明するなどと、しっかりしていないと、こなせないとても大変な職種だと思います。

だけど、その分、やりがいのある職種だと思いました。
お医者さんがしていたことを看護師さんが行うようになり、仕事内容が充実化しています。
注射や点滴、カルテの整理、記録、次々と発生する患者さんの急な異変への対応に時間を取られて休みにくく、帰宅できない日も増えているそうです。
結婚、出産をした看護師にとっては、家事や育児にプラス仕事は、つらいものがあります。より離職者が増えてしまい、看護師不足は改善されません。

一般に、正看護師と準看護師の仕事については、そんなに大きな違いはありません。
しかし、準看護師は、医師、看護師の指示によって仕事をするように、決められており、どうしても、仕事では常に看護師が上になります。各病院で、年収規定があって、差があるのが一般的でしょう。
私が看護師の仕事に身を投じたいと思ったきっかけは、いろいろな病気やケガ、体調不良を抱えているクランケの手助けをする、仕事のやりがいを見出しているからです。実は、私も以前、入院した際、看護師さんのお世話になり、私が看護師として、患者の手助けをしようと決意しています。
急な交通事故で、救急搬送された際に、医師が見つけられなかった鎖骨の骨折を見つけて処置をしてくれたのはまだ若い看護師の人でした。

通院中に知ったのですが、すごくお若いのに看護師長の地位でした。
やはり、能力の評価が正しく行われた結果でしょうね。一般的に、看護師が行う仕事は、入院病棟か外来かで、さらに、小さな個人病院か、大きな総合病院かでも、違いが出てきますが、ご病気の方や怪我をしておられる方の看護やお世話が主となるでしょう。心細くなりがちな患者のみなさんに、安心して治療を受けるために、看護師は必要です。看護師の1年の収入は高いと思われている方も、いるかもしれません。だけど、ナースは夜勤がないとそんなに稼ぐことができなくて、もらえる月給が不十分ということがあります。
それで、独身時代は夜勤がある病院で働いて利益を得て、嫁いだ後は、夜勤のない病院に再び勤める方も多いです。
以前は男性の看護士に限定して、士という文字が使われていました。ですが、現在は男性の場合でも女性の場合でも、看護師という職業に従事している人であれば、師を付加するように変更されています。
看護師と看護士が共存していると、紛らわしく分かりにくいので、一つに変更されたのだと思います。一般に、看護師は医師からの指示で医療行為をするパターンが多いですが、簡単な医療行為であれば、医師の指示なしでも可能なのです。ですので、老人ホームを始めとする福祉施設に看護師や医師がいる場合、こんなに心強い事はないと感じられます。

日本にいる看護師の年収は平均437万円くらいです。

しかし、国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員として働いているため、年収は平均して593万円くらいになります。
公務員として勤務している看護師は給与の上がる率も民間病院より大きく、福利厚生もより充実しています。
准看護師として勤務している場合は、看護師と比べて年収が約70万円ほど低いです。看護師の方がジョブチェンジする際に具体的に、自分が望む職場の条件が想像できない場合もあるかもしれません。
そんな場合、求人情報の数が多い看護師のための転職サイトを利用した場合が、自分に合った転職先を発見することができます。ナースは病棟の仕事仲間とパーッと飲んで騒ぐことがあります。

病院は忙しいので、みんなが集まることは滅多にありませんが、なんとか都合を付けて飲み会に行きます。

仕事の愚痴など共感することが多く、ストレスが解消されて飲み会は明るい雰囲気です。看護師の平均的なお給料額は、あんなに激務である割には、高額ではないのが実際のようです。いつもよりよい月収を支払ってくれる職場を求めて転職者が動いています。賃金が高い病院は、とても人気があり稀にしか空きが出ないため、看護師専用の転職サイトなどを利用して、転職のために活動しているケースも少なくありません。

看護専門職が職場を移る根拠としては、ステップアップと説明するのが良策です。
以前の上司や同僚ととそりが合わなかったとか、不利な条件で働いていた等々、不満を転職理由にしてしまったら、よくないイメージを相手方に与えてしまいます。

それがいくら事実であろうと素直に明かす意味もありませんので、未来志向であることを印象付ける志望理由を答えられるようにしておいてください。看護師の資格を得るための国家の試験は、年に1回実施されています。看護師の不足が問題視されている日本にとっては喜ぶべきことに、ここ数年の看護師の資格合格率は90%前後と異常に高い水準を維持しております。
看護師の国家試験は、大学入学のような落第させるための試験ではなく、一定ラインをクリアできれば合格できる試験でございます。
早期に、辞めてしまう看護師はけっこうたくさんいます。
女性の割合が高いため、対人関係でもめやすく、辞めたところで、再就職が容易であることも影響しているのでしょう。
違う仕事と比べると看護師は再就職が容易ですから、望んでいる労働条件とかけ離れていたら、退職し、違う病院などに転職する人もたくさんいます。
看護師が転職しようとする理由には人によって異なる着眼点があります。例えば、最先端医療や高度な医療技術のマスターと見聞きだけでなく、多く体験するために、もっと専門性の高い病院に勤めたいという状況もあると思います。別の例としては、結婚して、出産などの家庭の事情によって転職を望む事例も多くあります。看護師は医療機関が勤務先ですが、すべきことは医療行為だけではありません。看護師は病気やケガで動けないクランケのサポートもしなければならないので、クリニックの中でことさら忙しく労働しているのです。
重労働の割には、給料が低く、ストレスで病気になることもあるらしいのです。看護師とひとまとめにしても、現場で意欲的に職務をこなしたいのか、介護に関係した勤務をしたいのか、はたまた、専門資格を有効活用できる事務関係の労働をこなしたいのか、多々あるでしょう。
それに、大きな病院で職につきたいのか、または、小さな個人病院で職に就きたいのか、勤務地の人数や働く時間に望みがあるのかも大事です。
看護roo!というHPにある看護師のみが参加できるコミュニティサービスも、経験豊富な先輩看護師からの助言や看護師の旬な話題がたくさん読めますから、ずいぶん人気を集めています。
あと、看護師に関する知りたいことやききたいこと、そして、その回答もすぐに読めるので、参考にできると思います。看護師が引っ越しによって転職する場合、見知らぬところでの転職先探しはとても苦労します。
職場環境はもちろん、地域での評価などを一人で全部調べるのは困難でしょう。近くの市町村で探す場合でも、自分の期待に合った転職先を探すと、思ったより求人情報が少なくて、驚くはずです。
辞めたいと思っている看護師は、現実には、かなりの数になるようです。

その一番の理由としては、ハードワークで病気になってしまったり、給料が不満であったり、現場の複雑な人間関係で精神的に悩んでしまったりという事が多数です。友人に看護師がいるのですが仕事をやめようかどうか迷っていると相談されました。今月彼女は結婚したのですが休日出勤があって、土日休みの夫と休日が合わず、なかなか一緒にいられない生活が続いてるみたいです。子育てもしたいし、一方で、今の仕事は辞めたくないので、悩んでいました。お年寄り社会が進み、福祉施設で看護師の必要性というものは増大しているのです。
それに加え、大企業になるとなんと医務室に看護師さんをおいていて、様々な角度から健康、ストレスなどのサポートをやっています。これらのことは、その会社の社員になるということもあり得るでしょう。看護職の人のジョブチェンジにおいて適時としては、夏と冬のボーナスの後に人が動きやすいため、年間でいうと1、6月頃に絞るのが得策です。
ナースの手が足りない職場はたくさんありますが、待遇の良い勤務先に巡り合えるように、新しい職場で働くまでに3ヶ月は間合いを取って、熟慮していくのがよいです。緊急で職場を変わらなければならない情況でなければ、就職情報が活気付いてくるまで控えるのがよいでしょう。

コメント

Sorry, comments are closed.

トラックバック用のアドレスはコチラです。