看護師って勉強が必要で、寝る時ないよ。

配属理由について聞いてみてもいいでしょう

2017-04-07

看護師として、初めての病院で働きだそうとする際、一体どこの部署に配属が決定しているのか、少し気を揉んでしまいますが、おおまかにこちらの要望を呑んでくれるようなケースも多いですが、人員配置を担当する人の考え方一つで確定されたりすることもありそうです。
望んでいない配属になったとしても、その場所でその人が必要だという病院側の判断により、充分に考えられた配属であることが殆どです。ただし、配属されて、どうしても違和感や不満などが治まらない時は、指導に当たる人や上司にそれを伝え、配属理由について聞いてみてもいいでしょう。看護師の仕事内容がかなりハードだというのは事実で、肉体的にも精神的にも、辛さを感じることはあるでしょう。
特に夜勤を、二交代制、あるいは三交代制でこなしていくうちに誰でも不規則な夜勤の入り方で生活時間が狂い、そうこうしているうちに、体調を悪くする人もいます。

立ち仕事であり、責任も重く強いストレスを受ける仕事ですから、めりはりよく休まなければ疲れは身体から抜けることなく、人によっては頭痛や腰痛を起こしたり、肩こりに悩まされたりして、そこでやっと、自分自身の受けている身体の負担について思い巡らすようなことになるのです。看護師試験合格に向けて学ぶ場所として看護学科を持つ大学と専門学校があり、それぞれ違った特色があります。
それでは、大学はどんな特徴があるのでしょうか。

高度に専門化された分野についての学習が可能なこと、一般教養科目を受講することで、より多方面の分野についても学べるということが挙げられます。他方、専門学校に関しては、実習など現場に即した内容が多いので、すぐに戦力として使える人材になれるでしょう。そして、必要とされる学費については大学と比べるとかなり安く、十分の一程度です。

学校行事の旅行やツアーに同行し、緊急対応として怪我や病気の手当てや病院を探す看護師もいます。

主婦として子供を育てながら働いている人は土日は休暇であったり、夜勤の義務がない職場を追求しているものです。病院以外で看護師として働くには、その場に適した医療の知見を自分のものにしている認定看護師や専門看護師の資格を所持していると、雇用されやすくなります。かなりのハードワークとして認識されている仕事ではありますが、看護師をしている人の寿命がとても短い、というようなことはありません。
ですが、交代制で夜勤があるなどで不規則な生活で、寝不足や疲労から体調を悪くしたり、ストレスを溜めたりすることは多いようです。そんな仕事ですが、ずっと看護師をしていると、医療の現場で治療に関わったりし続けていることで、その方面の知識が増え、医師の患者に下す診断内容を推測してみたり、自身の身体に関しても異常を察知したり、勘が働いたりするようになる人もいます。

みなさんご存知のように、看護師の休日についてはクリニックや病院の勤務形態によって違っています。

その中でも、3交代制での勤務形態の場合、あらかじめシフトを組んで勤務しますから、休日勤務や平日休みになることが当たり前にあります。
別の見方をすれば、環境が許せばご自分の予定に合わせたシフトを組むことが出来るので、その点をうまく利用して充実した休日にする人もいます。このご時世、「看護師は比較的お給料がいい」というイメージを持たれている方も多いことでしょう。しかし、詳しく見てみると純粋に多いというよりも、夜勤の手当てを含めて給与が増えているという状態です。たとえば看護師としてより多く稼ぎたければ、どこで働くか考える時、日勤のみではなくてできるだけ夜勤帯のナースとしても活躍できるところにするといいですね。
当然ですが、夜勤の時間帯の勤務の有無によって給料の額は違ってきます。
ここ数年は看護師は不足傾向にあります。看護師の免許を持っていても、看護師をやっていないというケースは少なくありません。

では、看護師不足の原因はなんでしょう。

それは、看護師という職業の、離職率の高さによって起こっていると考えられます。
それでは離職率がどれくらいなのかといいますと、常勤看護師の場合、およそ11パーセントもあります。女性の割合が多い仕事なので、出産または育児のために退職せざるを得ないという場合もあるのですが、それに加えて、厳しい労働環境も、離職率を上げる要因だと言えると思います。
特に、看護師の勤務形態と労働時間について言えることですが、結構、融通の利く部分があります。

シフトの具合によっては仕方がないとしても、時間休というものを取ることが簡単にできる傾向がありますので、小さな子供がいる人でもそれを負担に思わず働ける、と考えている人は多いようです。

例えば子供の急病など、退勤を含め臨機応変な対応が必要になることが多い割に、ともあれ働き続けていられるということは、勤務時間を調整しやすい看護師という仕事だからこそ、なのかもしれません。
補足としてですが、勤務時間は基本的には8時間となっています。

看護師がどんな風に思われているかというと、白衣の天使と呼ばれている通り、往々にして、印象良くとらえているという人が多いでしょう。ただ、昨今の看護師の働き方の実情を鑑みると、収入面ではそう悪くはないとはいえ、なかには夜勤や長時間残業の看護師も多くいるのです。

たしかにいい点もたくさんありますが、それだけではなく、現実問題として看護師の働き方はどのようなものなのか、分かっておくことが必要でしょう。

ドラマのようには上手くはいかないのが看護師の仕事です。

普通の業務だけでも多忙を極めるのに、決められた労働時間以外の業務もあったりして時間通りに帰れないということはよくあるのです。
とはいえ、もし忙しくて疲れがたまっていたとしても、にこやかに患者さんやそのご家族に対応しているのです。

少し前まで愚痴を言っていたような人が突然笑顔になるのです。看護師のその様子はまるで女優のようです。
少し長く看護師をしてきておりますが、気がついたことと言えば、看護師は喫煙をする人、アルコールに強い人が多いようなのです。

さすがに禁煙、分煙のお店も増えてくるなど、世間的にはタバコのイメージが悪くなっていることもあり、少しずつ看護師の世界でも喫煙する人は減ってきたようですが、別の業界と比べてみたら、きっとまだまだ高い喫煙率を示すでしょう。

アルコールの方ですが、たまに行われる飲み会などでの皆さんの酔っぱらい方は阿鼻叫喚とは言いませんが、そこに白衣の天使はいません。
こうなってしまうのも、いろいろとギリギリまで溜め込んでのことでしょうから、そうやって発散できるのなら、それでいいと思います。ただ、健康には気をつけてほしいです。
仕事を探そうと思うと、まず思い浮かぶのがハローワークでしょう。

それもそのはず、ハローワークに行くと、求人情報が数多くあります。

職員に興味のある求人のことを相談して、転職のアドバイスをしてもらうというメリットがあって良いのですが、よい条件の求人があまりないというマイナスのことも知っておいたほうが良いでしょう。看護士を志望する動機は、実際に何が理由で看護師という職に就きたいと思うようになったのかを交えることで印象が良くなります。転職する際の志望動機は、これまでに培った技術を活かしたい、もっと人の役に立つような技術を習得したいなど、明るく好印象を与えるものにしてください。以前の職場の不満や悪口はいわないようにするべきです。夜勤を含めた交代勤務が必須など看護師の仕事は多岐に渡って厳しいものなのですが、申し送りは、最も気を抜けない仕事のひとつのようです。

入院中の患者さんについての状態を全て理解して、きちんと交代する看護師に伝える必要があります。伝言程度で終わるケースも少なくないですが、患者の生死に関わる重要な情報については重い責任の仕事だと言えます。

看護師不足の病院も少ないことはないので、もう一度、就職することはいいことでしょう。

しかし、あまり退職からの期間が長いとなんだか不安でしょう。再就職サイトを上手に利用して不安な時に、相談にのってもらえるネットワークを用いるのがいいでしょう。
他の職業の場合も同じだと思いますが、看護職員の方が別な仕事場を検討するとして、苦心するのが志願の根拠です。

どのような根拠でその勤め先がよいと考えたのかを良い感触を抱かせるように言葉にするのはそれほどシンプルなものではありません。

たとえばお給料が良くなるとか、しっかり休みが取れるとか待遇面の特長に焦点を当てるのに比べ、ナースとしてスキルアップしたいといった、将来性を連想させる志願内容が比較的採用に結びつきやすいと思います。
何かと業務が多い看護師ですが、それだけに、職場においての有用性、必要性は高く、とても働きがいのある仕事であることは、間違いありません。入院患者のいる病院ではもちろん24時間稼働しますし、看護師も24時間、とぎれなく勤務します。そういう訳で、どこの病院でも日勤、夜勤と交代制を採っています。
こういった勤務形態ですから、生活リズムを上手にコントロールできなければうまく睡眠がとれなくて疲労が溜まることになります。

検査や治療に当たっては採血や注射がつきものですが、これは一般的に看護師が行います。
普通、好んで注射をされに行くような人は少ないと思いますが、実際に打たれるとしたら痛みが少ないように打ってもらいたいと思うのが普通です。
とは言っても、注射の技術は看護師の腕に左右されますから、上手に刺してくれる人もいれば、残念ですが、上手ではない人に処置されることもよくあります。これは運でしかありませんから、上手な人に処置してもらえれば幸運と思うくらいがいいかもしれないです。

日々、看護師の激務に追われて働き続けていくと、辛酸をなめるようなことも多いでしょう。楽ができる病棟はどこだろう、と真剣に検討し始めても、それはごく自然なことです。ちなみに、それほど激務でもない病棟とされるところは、人命にかかわらないし、残業が少ないということで、眼科、整形外科、精神科などでしょう。
ですが、どういった病院か、重症度の高い患者さんの有無などの要因によっては、業務のハードさについては差があります。朝出勤して夕方帰るという仕事とは全く違い、看護師は夜勤を交代制でつとめることになります。
規定通りの休みをとることはもちろんできるのですが、なかなかハードではあります。
そして、結婚や出産といった機会に退職する看護師も引きも切らず、働き盛りの看護師が辞めるのは、職場としても頭の痛いところでしょう。例えば出産して、小さな子供を抱える身になったら24時間いつでも保育を引き受けてくれるような預け先がない場合は夜勤業務などは、できなくなってしまいます。しかしながら近年、子供が充分に育ったことにより再び看護師として働きだすようになる人もいて、そんな例が増加傾向にあり、ブランクはあれど経験者ですから、期待されています。看護師の資格と一くくりに言われますが、看護師免許と准看護師免許の二種類があるのです。

一般的には、准看護師は、キャリアステージを上げるため、看護師の資格を取得すべく努力します。
准看護師と看護師を比べると、専門知識はもちろんのこと、待遇面でも、差が大きいのです。
看護師だった知人は、病気のために看護師を辞めました。でも、体調が良くなったら、早めに復職して病院で看護師としての仕事を続けているのです。多少、仕事をしていない期間があっても、役に立つ資格があったら比較的復帰が楽になりますよね。再就職に苦労した経験があるので、資格を取っておけばよかったと思っています。昔から、看護師は比較的高給のイメージがあります。
もちろん、病院では責任のある仕事を任されることもありますし、夜勤が必須になるなどハードな職業ですが、実際の年収にのみ注目するのであれば、他の業種の収入に比べると平均的に高水準を維持できることが見て取れます。景気に左右されないのも強みでしょう。

こうした安定性と給与の高さから見ると、魅力のある職業だと言えます。
一言で看護師といっても、職場でガッツリ仕事をしたいのか、介護に関する仕事をこなしたいのか、あるいは、専門知識が役立つ事務系の勤務をしたいのか、たくさんあるでしょう。それに、大きな病院で職につきたいのか、個人病院で仕事したいのか、勤務先の人数、勤務する時間に要求があるのかも肝心です。その業界それぞれに、従事者のみに通じる言葉があるものですね。仕事をスムーズに進めるためとかの訳でいろんな業界用語が使われているでしょう。
看護士でも同じように業界用語が利用されています。例えば、心マは心臓をマッサージすること、乳癌はマンマ、泊り込み治療はアドミッションなど、多くの業界用語を使用しているのです。看護師は給料が良いことで知られているものの、実はその金額は個人のクリニックなのか、大規模な公立病院なのかなど、どんな職場で働いているかにより差が大きいです。

そして、気になる退職金は、地方公共団体などにより開設された公立病院、または国立病院であるなら、看護師は公務員、あるいは準公務員の扱いですから、しっかりと勤務した年数などから退職金が算出され、それなりの額を受け取ることができるようになっています。
ところが、個人病院の方では、個々の病院によるものの、退職金については規定がない、ということもあり得ますし、病院のトップである、院長先生の判断に左右されるようです。
公立病院なら、決まりに沿った額の退職金をもらうことができますが、他はそうとは限らないということが言えます。

看護師は大変なこともいっぱいある仕事ですが、一生働きやすい仕事であると考えられています。妊娠により一回休みを取ったとしても、復帰しやすい職種なのです。

ハイレベルな専門性が産休の後の復帰のしやすさにつながっていると考えられているのです。

就職先に困ることがないとされるわりに、離職の割合が高い職業です。
一般的に、看護師は意欲がそそられる仕事だと思われています。

今は、どんな種類の仕事でも直接人と向かい合うことが多いとはいえません。
そんな中で看護師は人と深く交わることができ、援助することができるという意味で挑戦しがいがあると感じる方が多くいるのでしょう。看護師は、何年も勉強し、実習を重ねてきた資格職ですから、他業種と比べると、簡単に転職ができるようです。自身の結婚、出産あるいは転居などその人の都合で職場を変えることもありますが、そうではなく、看護技術のグレードアップなどを目指して転職をしたいという人も珍しくはないようです。

こうした理由によるのであれば、はっきりした志望の動機を持っていなければ転職させてもらえないことだってあるかもしれません。もっと多くの経験を積むために総合病院を希望したい、公立病院が担うような、救急の患者の看護に挑戦したい、などといった積極性を感じられる理由を挙げたいところです。

コメント

Sorry, comments are closed.

トラックバック用のアドレスはコチラです。